月別アーカイブ: 2015年10月

即金即日融資

お金を借りるのに即金即日融資は当たり前の時代です。
本当にお金に困ってどうしてもその日のうちに準備しなければならないなんて言う状況はなかなかないかもしれません。
しかし絶対にないとは言えないですからね。その時にやはり即日でお金を貸してもらえるキャッシングやカードローン はありがたい存在ですよね。
こんなことが可能になるなんてひと昔前には思いもよらなかったと思います。
インターネットが使われるようになって、さらにスマートフォンを持つ人の割合が多くなってからではないでしょうか。
まだまだ携帯電話の方が利用してる人が多い時代には即日でお金を貸してくれるなんて言う事はなかったように思います。
スマートフォン利用者の割合が増えてきてからはいろいろなことがスマートフォンで可能になったように思われます。
今まで審査にかかっていた時間がインターネットのおかげで大幅に削減されたと言うことでしょうね。
それに個人情報というものが厳しく言われるようになってから、保証人なんて言うものが必要なくなりましたからね。
そのおかげでキャッシングやカードローンが誰にも知られることなく利用できるということです。
この便利さと言うのが悪い方に傾いていくということも大いにあり得るので、利用するときには充分考えて利用するべきですね。
せっかくこれだけ便利なものですから、なくなって欲しくはないですからね。
本当に困った時に即金即日は無くてはならないことですもんね。

定期預金と学資保険の違いとは

現代では、景気がよろしくないためか、子供の教育費を計画的に貯めたいと思う方々が多いみたいです。また、昨今の教育格差が広がるなかで、子供の将来までもがカースト制度になってしまうようです。つまり、格差社会を生むということです。それに備えて、計画的に貯めたいと思うのは、当たり前です。

では、計画的に貯めるためには、定期預金と学資保険どちらのほうがよいのでしょうか。二つに共通しているのが、計画的にお金を貯蓄することができるということです。しかし、違いが出るのは、契約者が死亡してしまうケースです。定期預金であれば、計画的に貯蓄を継続することができなくなり、積み立てたい額が確保されずまま計画を中断せざる負えなくなります。その一方で、この保険であれば、手続きさえ行えば契約者が死亡しても積み立ては免除され満期がくれば満期金というものがその当時受け取れるはずの金額がすべて受け取れることになれます。また、契約者が死亡し、満期金を受け取る場合では所得税がかかりますが、保険金の総額が支払った総額の50万円以下の場合では、税金が一切かからないようになっています。このように、計画的に教育費だけを貯蓄したい場合では、学資保険のほうが有利な貯蓄方法だと思います。

この間、他社からの借り入れがないということも増額のための条件となっています。
以降は10万円単位で増額されるということが多いと言われています。

増額された限度額が50万円を超えるというタイミングで、収入証明のための書類の提出が求められることになります。
書類は源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書や確定申告票、所得証明書や直近2か月分の給与明細書などというものになります。

【引用】http://www.9upgoo.com/